2006年05月31日

昨夜から今朝

一晩中歌を歌うかもと思っていたが、23時に居眠りしているのを見つけ寝かす。
無事に一晩寝てくれた^^
脱げないパンツに腹を立てる声もなかったし。

で 今朝、起こしにいったら、あれれ〜??
紙オムツはいた状態でオシッコで ずぶ濡れ。
なんで??
オ○ン○ンの先が、オムツのゴムの部分に顔を出していたのよん^^;
きっと隙間から手を入れてひっぱったのだ。
もう少しウエストを小さく直さないとダメそう。

オシッコ後に、そのものを触るのは、男性特有の癖だそうだ。
オムツ外しをする要介護者は、男性がほとんどみたい。
これは、自分では外す事ができないオムツカバーを買うときに、お店の人に相談してわかった事。

今朝の洗濯物。
防水シーツ2枚、綿毛布、オムツカバー、パジャマ。
掛け布団は、湿った感じだけだったので干すだけに。

その他、やたら眠い状態を脱した。
目覚めた!ッて感じ(笑)
動きが少し良くなり、足も昨日より動く。
食事も、手伝い無しで全部食べられた^^

本日 デイサービス。
お風呂の日。ありがたや。
綺麗になって帰ってくるわ^^
posted by せりりん at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

午後から夜

もうとにかくひたすら寝ている。
椅子に座らせても寝ているし、夕飯も居眠りしながら。
このまま夜も眠っていてくれれば別にいいんだけど。
と思っていたら、案の定というか。

午後9時を過ぎた頃から、歌を歌い始めた。
テレビ相手に独り言。
ん〜〜 しっかり目が覚めたようだ。
そして、いつも寝る(寝かせる)時間の10時。
メパチクリ状態(笑)
しょうがない。12時ごろまで起こしておこう。

又夜中、私は 寝させてもらえないかも。
5月9日の夜の再現か(溜息)
posted by せりりん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/15と16の記録

5月15日 施設から夕方電話。
明日、帰宅予定のじい様が、朝から動きが極端に悪くなり、食事も全介護状態で半分しか食べられないと。
ひたすら寝続けているそう。
バイタルチェックはすべて正常値であるため、緊急性はないと看護士さんの判断。
明日帰ってくるじい様だけれど、不安になり、動けないじい様を夜の8時に迎えにいった。
まったく動けないので、車椅子にのせ、うちの車にも男の職員さんが抱きかかえて乗せてくれた。
降ろす時は、じい様に頑張ってもらい、何とか娘と協力して自室のベッドまで運ぶ。

夜間熟睡。

5月16日

朝。紙パンツ、防水シーツ、パジャマ、毛布 おしっこで濡れた。
朝食 自室にて食べさせる。何とか自分で口まで運ぶ事ができるようになった。

かかりつけの総合病院へ。
「95歳で多発性脳梗塞があり、ちゃんと動ける方が不思議だよ」と担当のお医者様。
頭のCTを撮ってもらう。
「脳の萎縮がかなり進んでいて、相応の認知症の進行もあると思われる。動けないのは、運動が足りないせいではない。大事にしてあげて。」とお医者様。
「じい様はまだまだ元気だ、動けなくならないように訓練が必要だ」と、叱咤してくる夫の兄に聞かせたいよまったく。

この日、一日かけて徐々に動きが戻ってきた。
夕食は、2回の食堂で食べたしトイレに行くのも歩行器でいけた。

しかし…夜が最悪。

12時にトイレを使わせたのに。

夜中の3時におしっこでずぶ濡れになって、紙パンツ(オムツ) シーツ、掛け布団、毛布、パジャマを替える。
4時半 物音に気がつきいってみると、再びおしっこでずぶ濡れ状態で、部屋の片隅で転倒して座り込んでいた。
濡れていない紙パンツは脱ぎ捨てられていて。
防水シーツ2枚、掛け布団、タオルケット、敷布団まで濡れた。
本人だってびしょぬれ。パジャマの着替え。
点々とあちこちに撒き散らされたおしっこの掃除。
使い捨ての防水シーツも床に敷いてあるのだが、ないところへオシッコ。

5時半 歌を歌いだす。
6時半 孫娘が起床してその物音で私は目が覚める。

ほとんど寝てないじゃん!

疲れた。
posted by せりりん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006/5/15〜5/19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨夜からの事

前の晩ほとんど寝ていないらしいじい様は、さすがに熟睡。
珍しい。

たぶん熟睡モードだろうと、ベッドの柵を全部閉めて、一人では降りられないようにしておいた。
それでも、じい様は夜中にハイになると、何をするかわからない(柵を乗り越えようとするかもしれない)ので、何か音がしないか、聞き耳を立てて寝る感じ。(毎度の事ですが)
しかも、初めて、自分では脱ぐ事ができないオムツカバーを穿かせた。
紙おむつを毎晩脱ぎ、布団と自分もびしょぬれになるので、お試し。
なんせ夜中は別人になっているので、脱げない事で怒りまくる可能性あり。

しかし、朝まで動いた気配なし。
ん〜〜
珍しい。

さらに、布団も寝巻きも防水シーツすら濡れていなくて。
嬉し〜〜〜〜 (^^)
いつ以来だろうか、朝の膨大な洗濯物無しっていうのは(笑)



動きは相変わらず鈍い。
朝食  自室にて。オートミールを8割とヨーグルト。
自分で食べているのだが、こぼす方が多いのと、スプーンにうまく乗らないので手伝う。

昼食  二階の食堂で食べたいというので、二階へ。
自分で行きたいといったので、頑張ってもらうが、う〜〜ん^^;
足が思うように動いていない。
私はベルトを持って支えながら、自分の体全部を使ってじい様を押し上げる。
「雑炊」を半分食べたところで、眠気が限界に。
何しろ食べながら寝ている。どんぶりに顔を突っ込みそうになる。
あきらめて、終了。
自室へ下ろすのも一苦労だった。

あまり昼間からベッドで熟睡も困るので、安楽椅子で うとうとしながら座っていてもらう。
posted by せりりん at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

施設より帰る

3時過ぎ、特養のショートステイより帰る。
職員さんから、昨夜ほとんど寝ておらず、歌を一晩中歌っていたと告げられた。
あら〜〜
いよいよですか?
寝ていないせいか、朝から動きが鈍いとのこと。
いやホントに動けていない。
玄関からじい様の部屋までいったい何分かかっただろうか。
両手を支えて、じりじりと。

6時半頃、夕飯の準備ができたのでじい様をトイレに連れて行く。
両手を引いて少しずつ、右、左、右、左。
やっと到着したトイレでズボンを下げ、紙パンツ(オムツ)を下げた瞬間、目が点!
大の方の失禁ね。
下剤を服用している為に、もうどうにもならない状態。
汚物が大量についたパットをそっと外し、紙パンツでじい様のお尻に蓋をして(笑)
手にもついちゃったりしたけれど、こういう時はギャ〜〜っと思っている暇がない。
勤務明けで家にいた夫を呼び、二階にある風呂場まで、二人でじい様を運び上げる。
汗だく。
夫に 風呂場でシャワーを使って綺麗にしてもらい、私は走り回って汚物の処理と着替えの準備。
着せ替え。

とにかく動きが悪い。
なんとか、食堂の椅子に座らせて夕食。
ところが食べながら寝ている。
ほとんど自分で食べる事ができず、私が口に運んで何とか半分食べさせて終了。

二階から下へ降りるのも、今日は夫と二人ががりになってしまった。

21:45 これからじい様のオムツを取り替えて、寝かせる。
posted by せりりん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする