2006年11月22日

続・介護食 

じい様の食事に関しては、私は楽チンしている。

今年の初め頃までは、家族の食事を作る中でじい様が食べられそうな献立にしたり、別に作ったりしていた。
しかしだんだん、じい様の食べられるものに合わせた献立が、苦痛に。
歯ごたえのあるものが食べたい(笑)
手間暇かけて別々に作ればいいことだが、私はあまり料理が好きじゃない。
で、ある日、老健に置いてあったパンフレットに目が留まった。

「宅配クック123」 
老人食のお弁当屋さんである。
宅配弁当って、「高くてまずい」というイメージしかなかったのだが、そこは安かった。
1食525円である。
お試しで頼んでみた。
そうしたら、なんと!美味しかったのだ。

以来、じい様の在宅時の夕食は、お弁当である。
ここは、刻み食まで対応してくれるし、お正月3ヶ日以外は年中無休。
土日祭日お休みが普通なのに、ありがたや〜〜
posted by せりりん at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護グッズ&裏技ww | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

介護食

じい様は、現在 「トロミ付き刻み食」
8月に寝たきりを経験してから、動けるようになっても食事はこの状態になったまま。
理由は、下の入れ歯が合わなくなって口の中で泳いでしまい誤飲の可能性ありと言う事で、外してしまった為。
もう一つは嚥下がぎこちなくなった事。
ヘルパーさんの判断である。

それでもね、まだ大丈夫なんじゃないかって思っていた。

しかしね。

みじん切りにした筍にむせた。
さらに、もぐもぐ口を動かしている時間が長くなって、ゴックンへなかなか進まない。

刻み食に納得。
posted by せりりん at 15:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

優れもののオムツ&薬局

じい様のオシッコは、量がたっぷり。
よく水分を取ってくれるので安心だが、その分出る方も多いって事で(笑)
なので、夜の最後のオムツを代えて朝までしっかり漏れずにということは、めったにない。

オープン型のオムツに、一番長くて吸収力に優れたパットを当て、さらにお○ん○んをすっぽり覆うパットをし、さらにその上から横向きにパットをかぶせる。
このあて方は、経験豊富なヘルパーのKさんが、自らの経験の中から会得した方法。
これだけ厳重にオムツをしても、横向きに眠ると漏れて寝巻きまで濡れてしまう事も多い。

オムツを買いに行った薬局で、ぼやくつもりで「もっとたくさん吸ってくれる男性用のパットがあればいいんだけれど」と言ったら、「ありますよ^^」との返事。
え〜〜? ほんと?


それが、ライフリーの「お肌快適尿とりパッド夜用(男性用)」


使ってみて、ヘルパーのKさんも、私も びっくり!
しっかり受け止めて、漏れがない。
他のパットが必要ないかも。
これは優れものである。
お勧めです!

この薬局は、介護用品に力を入れていて、品揃えが豊富。
最近は、手に入れたいものがあるとここへ行く事が増えた。
1回の買い物で済んでしまう便利さ。
相談するといろいろ有効なアドバイスがもらえる事。
オムツの性能に関しても、以前も教えてもらったっけ。
この薬局も優れもの。
近所のイトーヨーカドーに入っている薬局なんですが。
ドラッグストアを3軒探し回って、ここで見つけたなんて事もあるので。



数年前、介護用品の食事エプロンを買いに行ったら、ヨーカドーに介護用品が置いていなくて文句を言ったこともあったなぁ。
まさか、その文句が偉い人に届いたわけじゃないよね(笑)
posted by せりりん at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護グッズ&裏技ww | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

じい様のパターン

じい様は、今月96歳になる。
少しずつ動きは鈍っているが、まだ肉付きも良くて元気。

さて、じい様の生活パターンは、こちらがどのように誘導しようとも、崩せない。
身体の中の動きには、所詮外部刺激は勝てないということか。



脈拍が50以下、または血圧が低くなると、じい様は「眠り王子状態」になる。
もうこうなると、ものを食べる事も水を飲むこともほとんどできない状態で、24〜30時間、寝続ける。


次に来るのが、半分目が覚めた状態。
目は覚めているのだが(当然食事もできる)すぐに眠くなる。
ウトウトしたり小さな声で短く歌を歌ったり。
これが半日から2日間ほど続く。



そして、その後に来る 恐怖のハイテンション(笑)
この時の 脈拍60〜70、血圧も高血圧かもと思うくらい高め。
声は大きく力強く、歌もおしゃべりも止まらない。
歌詞は適当にアレンジされて、一つの歌をエンドレスで歌う。
最近は「私は真っ赤なりんごですぅ〜〜〜お国は遠い北の国〜〜〜」がお気に入り。
(笑っちゃうのは、この歌の後半がわからなくなると「と、かぁかぁなくのよ」と七つの子の歌詞がくっつく事)
おしゃべりも、作り事や思い込みの話だらけになる。
さらに、このハイテンション期はほとんど眠らない為、夜もうるさくなる。
(私の頭の中で、夜通しじい様が歌っていた「りんごの歌」がブンブンうなっております)
お腹も空くみたいで、食べ物の幻覚を見たりしている。
今朝は、掛け布団の端っこをつかんで、私に「このお饅頭を食べてもいいですか?」と聞いた^^;
よっぽどお腹が空いたみたい。
明け方から、「そろそろ夕飯にしませんか?」なんて言っているのが聞こえてたし。

さてこのうるさいハイテンション期が終わると、まともなじい様に戻る。
このまともなじい様だけを見ていれば、認知症に見えないのよね。
ちゃんとした会話が成り立つし、テレビも理解してみているし。
まともなじい様状態は、そう長くは続かず、またもや「眠り王子状態」に陥るのだ。
「ふりだしへ戻る」ですね(笑)
posted by せりりん at 16:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする