2007年08月08日

介護を終えて

「長い間ご苦労様」と、何人もの人に声をかけられた。
義兄姉たちも、がばっと頭をテーブルにつけて、「長い間ありがとう!言葉に尽くせないほど感謝してます。」と言ってくれた。
この姿を見て、じい様が亡くなってから初めて涙がボロボロ出た。


長い間って、どれくらいだったんだろう。
じい様の家計簿を見たら、2002年の10月から開始していたので、この辺からじい様の介護が始まったのだ。

実はじい様、過去に色々大変な時期があり、夫の兄姉の家と我家を順番に移動していたのだ。
それが、2002年の秋に動きが悪くなってきたじい様を「私が面倒見ます!」と啖呵きっちゃって、我家オンリーに。
もともと我家はじい様の家。
義兄に言わせれば「あたりまえだろ!」だったんですが^^;

介護を終えて思うのは、寝たきりが大変なのは介護の経験がない人でもわかるけれど、実はそこへ行き着くまでの動きが悪い時期が一番大変だって事。
「何とか動ける。しかし、排泄は本人だけだと汚れ放題になる。」この時期が大変。
目を放した隙に「あららら〜〜〜!!!」なんて事もしょっちゅうあり。
夜中に部屋の隅にオシッコ。
廊下に点々とオシッコ。本人もびしょぬれ。
オムツは取ってしまうのでスッポンポンのまま、布団にオシッコ。
敷き掛け布団も本人もぐっしょりなんて事もあった。
この時期から、大のほうの失禁も始まる。

この時期は、手伝いを頼みようもない。
いつ何時大変になるかなんて、わからないので、ヘルパーさんを頼む事が出来ない。
結局、ショートステイやデイサービスの施設利用だけが、自分を休ませる事ができるのだ。
私は、施設利用をバンバンやって乗り切ったが、義兄夫婦からは「放り出している」と怒られた。
義兄夫婦も壮絶な介護経験を持っているため、私が逃げ腰なのが気に入らなかったと思う。

常に、義兄夫婦の目を気にしていたなぁ。
これも辛かった。
じい様、義兄夫婦の前ではいつだって優等生だったから。
私が現状を訴えても、「そんなことはない。じい様はしっかりしている」と言われちゃって・・・

しかし、この苦しさがあったから、私は主イエスキリスト様を信じることが出来て心が救われたのだ。
主のご計画はすばらしい…


私には、75歳と80歳の実父母がいる。
後5年もしたら、再び介護生活が始まるだろう。
じい様の介護経験は、きっと役に立つだろう。
そう思うと、じい様にも「ありがとう」と言いたいな^^
posted by せりりん at 23:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする