2007年05月22日

じい様の栄養状態

先週、病院へじい様を連れて行った。
栄養不良気味なので、お医者様に栄養補助食品を処方してもらうため。
血液検査をして、今日結果を聞きに行った。

蛋白もコレステロールも低い。栄養不良。
補助食品は出してもらえたのだけれど。
お医者さんに、今後どうするか?と聞かれた。
毎回言われるのだけれど、今度はこの先、どういう道があるのかはっきりと聞いてみた。

1)このまま在宅で、医療的行為は一切しない。
2)入院して、胃に穴を開けチューブをつけて、退院する。(在宅)
3)2)と同じだけれど入院を続ける。

お医者さんとしては、今の栄養不良状態であれば、状態が悪化する前に、胃にチューブをつける事を薦めるそうな。
「なにもしない在宅」を選べば、栄養不良から褥瘡が悪化するだろうし、他の感染症にもかかりやすくなるからね、と言われた。
それを覚悟の上で・・・と言うことであろう。

今日、じい様が施設から帰宅。
その時に、担当職員さんにいろいろ聞いてみた。
なんていっても、現場の人だから。

胃にチュ−ブをつけると、まず、施設がつかえなくなるそうだ。
ショートも、入所も。
すでに入所している人が胃にチューブをつけるようになった場合は、ちゃんと面倒見るそうだけれど。
そして、病院も、介護型の療養所がなくなるので、入院し続けることは不可能ですよと。
胃にチューブをつけると、ぶくぶく膨れてただ生きている状態になったり、胃から栄養補給物が逆流して窒息死する場合もあるそうだ。

ここまで聞いて、「私」は、覚悟を決めた。
何もせずに、今までと同じようにしよう。
褥瘡との戦いになるのだろうけれど。
posted by せりりん at 16:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お医者様はただ栄養状態のことを一番に考えてるんですね
でも胃にチューブをつけるとぶくぶく膨れてしまったり逆流して窒息死もあるのに
第一じい様が痛いつらい思いをするのはじい様も望まないだろうし家族も望まないと思うのに
もっと患者さんの気持ちになってもの言って欲しいですよね
じい様が辛くないことが一番ですね
Posted by YOU at 2007年05月24日 16:34
≫YOUさん

>じい様が辛くないことが一番ですね

そうですね。
その為に何が一番いいのかは・・・・
やっぱり神様しかわからないかもしれません。
栄養不良からの褥瘡だって、辛いでしょうから。

ちなみに、胃にチューブをつけても、痛くはないそうです^^;
痛そうですが。

でも今回の事で、いろいろな方の意見を伺うことが出来ました。
意見も(経験談も)「いろいろ」でしたよ。
一方的に胃にチューブが悪いわけでもないのだと。


Posted by さーやん at 2007年05月24日 21:27
そうなんですか?!
チューブ痛いのかと思っちゃいました

床ずれの方が辛いのかなー
でも施設もショートも利用できなくなるは困りますよね
今までのように精一杯のお世話が一番ですね!!
Posted by YOU at 2007年05月25日 10:15
私も痛いと思っちゃいました(笑)

おっしゃるとおり、施設利用ができなくなる方が困るなぁって。
私本位ですけど^^;

まだ切羽詰っていないので、結論は先延ばしって事で(笑)
眠っているうちに…という一番幸せなパターンになるように、じい様の為に祈ることにします。
Posted by さーやん at 2007年05月25日 11:06
以前、私もその事で悩んでいました。どんな選択がいいのかと。医療行為はしないとなると、自分で最後までしっかり見届けることが出来るか不安ですし。でも、人間みんないつかは死ぬ、そばに家族がいるだけで本人は安心するのではないかと思います。いずれ私も。。
Posted by みみ at 2007年05月29日 09:48
≫みみさん

みみさんも、悩んでいらしたのですか。
どちらを選んでも、どちらが良かったかは、わかりませんよね。

>いずれ私も

皆 順番ですね。
同居の娘も、じっと私とじい様のことを見守っています。
その視線を思うと、おろそかな事は出来ないなぁって^^;
Posted by さーやん at 2007年05月29日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック