2007年06月09日

この先の事

この先どうなるのだろうと、あれこれいろいろ思っていると、落ち着かない。
なので、主治医の先生にお話を伺うことにした。

現状 : 食事は食べられるようになった。
点滴(1日2本)で、食事の補助。
嚥下のリハビリの先生に指導を依頼中。

この先 : 療養型介護施設に14日から入所。
最長9ヶ月いられる。
出なければならなくなったら、その時点で考える。

じい様の夜中の歌については、主治医の先生が施設の方も責任者なので、何とかするから心配しないで、とおっしゃってくださった。
多分…睡眠薬?かな?


______________________

そうなんだ。
そうなんだ。
ついにじい様は、施設のお世話になるのだ。
家には帰ってこないのだ。

この先、施設や病院のお世話になれれば、ありがたいと思っていたのだけれど。
実際にそうなることがはっきりしたら…涙が出た。
posted by せりりん at 14:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生きるってほんとに必死ですね。なんか言葉がみつかりません。
Posted by hahaha at 2007年06月09日 15:16
>hahahaさん

コメントありがとうございます^^

私の母が「年をとると普通に生きていくことが大変」と言った事があります。
もうじい様は、その段階はとっくのとうに通り過ぎちゃいました。
ここ数年のじい様を見ていると、とても自然です。
何かにとらわれてあがく事が無く、自分の要求に逆らわずに「生きて」います。
なので、この先もきっとじい様が楽なように流れていくのだろうなぁ。

本当はね、家で眠っている間に天国へ旅立ってほしかったですけど^^;
Posted by さーやん at 2007年06月09日 17:37
きっとすごく複雑な気持ちなんだろうなあって思います。
介護ってものすごく大変なんだろうけど、その中で得るもの、見つけられたら幸せですね☆
お疲れ様でした。これからも、おじいちゃんの生を見守ってあげて下さい*^^*
Posted by かなこ at 2007年06月09日 18:25
>かなこさん

どうもありがとう^^
そうですね、複雑というより、寂しいのです。
もうじい様は戻ってこないんだと思うと。
そして、自分の生活の中で、とても大きな部分を占めてきた仕事が終わってしまったんだと思うと。
介護を経験した人が、ヘルパーの資格を取り、現場に戻ることが多いと聞いたことがあります。
その気持ちが、なんだかわかります。

今、じい様は病院で手厚い介護と看護を受けているのに、私は毎日、顔を見に通っているんですよ^^;
Posted by さーやん at 2007年06月09日 21:02
おじいちゃん、すっごく嬉しいと思います*^^*
うちの母も、祖母の顔を毎日見に行って、祖母も本当の親子のようだと喜んでいました。

肉親のいない病院で、どんなに手厚い看護を受けても物足りない淋しさってあると思います。
せれなさんの優しさが、おじいちゃんの心をたくさん救っているんだと思いますよ☆
Posted by かなこ at 2007年06月10日 01:16
>かなこさん

そうですね。
じい様の救いになれば良いですね。
そう思って、せっせと通います^^
Posted by せれな at 2007年06月10日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック