2007年01月20日

ひたすら眠る

昨夜は、12時ごろまで歌を歌い、今朝は6時には歌声が^^;
昨日あまりお昼寝していないのに、夜の睡眠時間が短いなぁ。

で、朝食途中から眠りこける・・・・
朝のオートミールを1/4食べておしまい。
それから、ひたすら眠る。

昼食も夕飯も食べれなくて、今もまだ寝ている。
夕方、ヘルパーさんが、血圧を測ったら99−45で、呼吸数49。
身体が完全に眠っている状態。
さすがに心配になって、このまま衰弱しちゃうのかと思ってしまった。
で、ベテランヘルパーさんにその事を言ったら、「まだまだですよ〜〜」と笑われてしまった^^;
もっともっと変化があるそうな。

posted by せりりん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

昼夜逆転

じい様、昨日は朝から夜の11時ごろまで爆睡。
こっちが眠くなってきた11時ごろに、突然歌声が聞こえてきた。

あらぁ〜〜〜〜
今起きたのね。
たぶんじい様にとっては「朝」
案の定、オムツを取替えに行ったら「おはよう」と言われた^^;
昼飯も夕飯も食べていないから、お腹が空いているだろうと思ったけれど、こんな遅い時間に食べさせると又元気になって、それこそ一晩中大きな声で歌いそうだ。
ということで、水分だけ補給。

食べていないのに、とても歌声が大きいよ〜〜
目はパッチリと開いていて。
寝そうにないよね。
そりゃそうですわ。

私はいつも耳栓をして寝るのだが、耳栓してもじい様の声は聞こえる。
一晩中悩まされる事がわかってしまったので、今日は違う部屋で寝る事にした。
でもね、その部屋だと、じい様が立ち上がろうとして転倒しても、私に助けを求めても聞こえない。
まったく聞こえないのも不安。
じい様がちゃんと寝ているのか気になって、結局やっぱり眠りが浅くなってしまった^^;

朝になり、覗いてみたけれどちゃんとじい様は布団の中で眠っていた。
今日は、デイサービスでお風呂に入る日。
もうすぐ 綺麗になって、刺激も貰って、帰ってくる。
日中の爆睡は、避けられたはず。
今夜はちゃんと寝てね〜



《追記》
昨日の夕方、ヘルパーさんが、夢うつつのじい様が亡くなった自分の奥さんの名前を呼ぶのを聞いた。
複雑な気分。
いよいよなんだろうか。
おばあちゃんがじい様を呼びに来ちゃったのだろうか。
posted by せりりん at 15:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

眠って起きて、又眠る

16日の夜は、1〜2時間おきに歌を歌い、睡眠時間が少なかった。(当然私も)

17日はデイサービス。
じい様は運のいい人で、丁度 施設行事の初詣にぶつかった。
お出かけが大好きな人なので、ほとんど寝ていないにもかかわらず喜んで出かけていった。
この日は午前中お風呂、午後初詣なのだが、お昼くらいに爆睡したらしく2時ごろにお昼を食べてますとのメモが。
さらに大量の排便ありとの報告。これは嬉しい。
便秘の心配と後始末の大変さを、一度に解消(笑)
帰ってきてさぞ疲れたことだろうと思ったのだが、夕方1時間ほど寝て、夜中の12時までバッチリ起きてテレビを眺めていた。
(最近、「見る」というより眺めている感じである)
12時に最後のオムツを換えて寝てくださいと電気を消したのだが、しばらく歌を歌っていたのよ^^;

で、今朝(18日)
朝、7時前から「腹減った〜〜!腹減った〜〜!」と訴えている。
いつもは、ヘルパーさんが7時30分に来た時に起こしているのだが。
ヘルパーさんが来るまで待っててねと、テレビをつけベッドの背もたれを立てて。
今日に限って、ヘルパーさんが大遅刻!
8時過ぎちゃいました。
じい様は、でもおとなしくテレビを見て待っていてくれたのだけれど。

朝早くから騒ぐにはわけがあったのよ〜〜〜
布団を剥いだら…ウ○チ君の臭いが〜
うわわわ〜〜着ている物まで汚れちゃっている。
ヘルパーさんがいてくれてよかったと思うのはこういう時。
慌てず騒がずだけれど、とにかく後始末が大変。
老人は、便秘が怖いので常に下剤を飲ませているから、形がありません。
どうやって綺麗にするかを、記録しておきたいと思っても、言葉で書くのは難しい。
それに読みたい人はいないだろう^^;

そんなこんなで、腹減ったコールからずいぶんたって遅い朝食を食べたじい様は、10時ごろから爆睡。
お昼も起きなくて今現在も寝ている。
夕飯には起きてもらいたいものだわ。




眠たい時期と起きている時期。
それが24時間1日のリズムと関係ないので、在宅中は私はどうしても寝不足気味になる。
いや、パッチリ目覚めていても、静かにしてくださるなら良いんですが。
歌が好きな人なのよ^^;
posted by せりりん at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

じい様帰宅

10日間のショートステイから、本日じい様帰宅。
お正月の「眠りジジ」状態からのショートだった為に、何事もなく過ごして欲しいと半分ドキドキだったのだけれど。
無事に施設の日々は過ぎて行ったようだ。
帰ってきたじい様は、即座に眠り状態へ。
これも毎度のことではあるのだけれど。
息をしているのか心配になる。

ヘルパーさんが帰る時に「又明日参ります」と挨拶をしたら、「いろいろとたくさんお世話になりました」とじい様が返したらしい。
いつもなら、「ありがとう、気をつけて」の返事なのに、ヘルパーさん自身ドキッとしたと言っていた。
ドラマの中の台詞なら、それは旅立ちの暗示であるのだが、そんなわけないよね^^;

まあ年が年なので、いつそうなってもおかしくないし、覚悟もしておかなくてはならないのだけれど。
できるだけ長く生きてほしいという気持ちに、いつの頃からか なっている。
夜中に歌を声高に歌われると、やっぱり腹が立つんだけどね(笑)
posted by せりりん at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

年末年始

じい様は、12月28日にショートステイ先の施設から帰宅。
帰る直前に、「眠りジジ」になったそう。
結局、その日は夕飯も食べずに、翌朝まで熟睡。
29日、年末最後のデイサービス、この日が最後の入浴。
眠りジジだったらどうしようと思ったが、何とか目を覚まし無事出かけていった。
30日の夜、今度はじい様が眠らない。
歌声も力強く、夜中に何度も歌に起こされて眠れなくなってしまったのは私の方(;;)
寝不足のまま、31日大晦日を迎えてしまった。
昼寝をして睡眠不足を取り戻そうにも、そんな暇なし^^;;
じい様は昼寝三昧・・・おいおい
ずっと便秘だったので心配していたが、ヘルパーさんが来ている時に大量に出て、(私と二人ががりで後始末で大変だったけど)すっきりとお正月が迎えられる体制に(笑)
そして、大晦日の紅白はバッチリ楽しんで見ていた。
除夜の鐘の頃にやっと、寝てくれる事に。
さあ、ちゃんと寝てね〜〜

元日の朝までしっかり寝てくれたじい様、ありがとう。

さて、元日は大変元気。
血圧高め。朝から夜の12時まで、昼寝もほとんどせずテレビを見たり、雑誌を眺めたり。
じい様宛の年賀状も丁寧に目を通していた。
元気ではっきりしたじい様。

ところが今日(2日)
朝食をしっかり食べてから「眠りジジ」状態へ。
ひたすら眠り続け。オムツも濡れない。
今日は、実家の両親も子供たちの家族も、全員集合の新年会だったのだが。
じい様はついに参加できず、終了。
ひ孫を初めてじい様に会わせようとした末娘。
一応会話は成り立ったから良かったけど。その後 又爆睡。
両親が挨拶にベッドサイドまで行ったのだが、返事がふにゃふにゃ^^;;
目も開かない。

さて、今夜目覚めるのかな??? 
それは…困る^^;
どうせなら明日の朝まで寝ていて欲しいんですが。
posted by せりりん at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

お腹が空いた〜〜

前回在宅の時にあった事。
ここに書こうと思って、メモしたものをアップ。

______________________

夜中にじい様の目が覚めると、歌いだす。
ボソボソと歌っている時は、こっちの眠気も手伝ってそれほど睡眠の邪魔にならない。
しかし〜〜〜

「お腹が空いた!」「お腹が空いた!」「ご飯にしよう〜〜」
パンパンパン←じい様が手を叩いて私を呼んでいる(苦笑)
寒いよ〜眠いよ〜 今何時?
午前3時ちょっと前。
「お腹が空いた!」パンパンパン「ご飯〜〜〜!!!」パンパン
一向におさまらない。

前回 夜中に「電気をつけて」と騒いだ時、無視したらベッドの上で転倒していた事を思い出し、暖かい寝床から這い出しじい様の部屋へ。
あらら、やっぱり立ち上がろうと奮闘していた。
布団はすみの方に追いやられ、じい様はベッドの柵につかまり、立ち上がろうという体勢。
間に合った〜〜

じい様に、今が夜中であり もうちょっと寝てくれるとありがたいと伝え、散らばった掛け布団をかけなおす。
どうやらじい様も納得。

さて、これでいいんだけど、問題はこの問答を覚えていてくれるかどうか。
ひどい時は、夜中に数回同じ問答をしなければならないからね。
暖かい寝床に戻って、じい様が騒ぎ出さないかどうか聞き耳を。
30分たってもシ〜〜ン。
どうやら寝てくれたようだ。

しかし、私はしっかり目が覚めてしまい、5時頃まで寝付けなかった。
6時に孫娘の動き回る床の音でウトウトから目覚め、7時に目覚ましで目覚め、ぜんぜん寝た気がしない夜となってしまったのよ〜〜
posted by せりりん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

続・キリウジガガンボ

昨夜、「蚊取り線香 炊いて」とじい様が言った。
へ?
蚊なんていないんだけど。
飛んでいるのが見えるらしい。
さらに、時々つぶやく「キリウジガガンボ」
体長1.4センチほどの昆虫である。



う〜ん
じい様は飛蚊症か?
白内障と緑内障で、左目は失明。
右目の視力は弱く視界が狭い。
これに飛蚊症が加わったのかも。
posted by せりりん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便秘

じい様は、もともとは腸が弱く、膵臓に腫瘍もあるため、すぐ下痢になっちゃう人だった。
数年前から徐々に便秘気味に。さらに腸閉塞と大腸のヘルニアも経験。
ということで、すっかり下剤のお世話になる生活が続いている、


さてさて、今回の在宅時には、眠い日が多かった。
多分それが関係しているのだろうけれど、月曜に排便があったのだが、それっきり。
たいてい、一番強い下剤を飲ませるとちゃんと出ていたのだが、今回、4回連続服用しても…でない。
結局、出ていないまま、今日から施設へショートステイになってしまった。

職員さん、お世話かけます。
posted by せりりん at 11:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

キリウジガガンボ

じい様が、かなり前から「なんとかかんとかガガンボ」とつぶやいている。
よく聞き取れないのだが、同じ言葉をつぶやく。
何だろうと思ってじい様に聞いてみた。
私「何ガガンボなの?」
じい様「キリウジガガンボ」
私「何?それは何ですか?」
じい様「キリウジガガンボというものだ」
私「ガガンボ(虫)の一種?」
じい様「姓はキリウジ、名はガガンボ!」

じい様には悪いけど笑ってしまった。
思い込みでしゃべっているのだと思った。


今日ね。又じい様が「キリウジガガンボ」と言っているのが聞こえて、ググッてみたのね。
見事ヒット。
ビックリですわ。本当にいたんだ!
じい様、笑ってごめんなさい。

蚊の親分みたいなガガンボの一種だった。
画像はこちら
posted by せりりん at 23:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

じい様おとなしい

ショートステイから帰ってきた日の夜だけ、午前3時半頃まで歌を歌い続けていたのだが、次の日からじい様はおとなしい。
眠りジジ状態が昨日。
朝の9時から夕方5時まで、ひたすら寝ていたが、いつもよりは短い。
夜は11時半に眠っちゃったし。

今日も、歌がほとんど聞こえてこない。
寝ちゃっている事もあるが、目はパッチリ開いていても、し〜〜ん。
じい様にしてはとても珍しい。

ハイなじい様のほうが大変なので、おとなしいじい様はありがたいけれど。
でもたぶん、そのうち目覚めてうるさくなるのよね^^;

posted by せりりん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする